ワキガの本当の原因とは?

ワキガの人は汗が臭いのだと思われている方も多いのではないでしょうか。

実はこれは間違った認識なのです。

 

ワキガの臭いの原因は汗だけではないのです。

 

 

では他にどんな原因があるのでしょうか?

 

汗のタイプには「サラサラ」や「ベタベタ」なものがあるとよく言いますよね。
この通り汗は1種類だけではないのです。
汗が出てくる汗腺には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」という2種類の汗腺があります。
「エクリン汗腺」から出る汗はサラサラの汗
そして「アポクリン汗腺」から出る汗がベタベタの汗と言われるもので、ワキガと深い関係のある汗なのです。

 

エクリン汗腺」は日常的に使われている汗腺で、主に体温調節などを行っています。
運動時に体を冷やすために出る汗や、寝汗などもこれにあたります。
この汗も皮脂などと混ざることで臭いが発生する場合がありますが、この臭いはいわゆる「汗臭い」というような臭いであり、ワキガの臭いとは種類の違うものです。

 

ワキガの嫌な臭いを発生させてしまうのは「アポクリン汗腺」から出る汗で、「エクリン汗腺」から出る汗とは全く違うものです。
ですが、「アポクリン汗腺」から出る汗そのものには臭いはありません。
この汗の成分が皮膚にいる細菌と結合したり分解することで、あのワキガの嫌な臭いを発生させてしまうのです。

 

この嫌な臭いを何とか解決するために作られたのが「ノアンデ」です。

ワキガの臭いについてのメカニズムを正しく把握しているからこそ、適切なワキガ対策をすることが出来るのです。